スタッフの声

日々の仕事の中で、お客様一人一人と真摯に向き合うと様々な気づきや発見があります。スタッフの生の声をお聞きいただき、職場の雰囲気を感じてください。

一日の過ごし方を教えてください。

夜勤って大変なイメージがありますね。日勤に比べ少人数になりますが、日頃のチームワークで利用者さんに安心してお休みいただけるように頑張っていま す。仮眠の時間もありますし、終わってみると案外あっという間ということも。 利用者さんに気持ち良く朝を迎えてもらえるよう、さわやかな笑顔を心がけています。 朝皆さんのにこやかな表情を見ると心からホッとします。

ご利用者様の表情に、感謝・喜びが、読みとれるときふと生きがいを感じます。

​中野友愛ホーム

​介護職員

N/M

最初から使命感は不要。目の前の方の「何か」で、ありたいと思うことが大切。

一番PRしたいことは何ですか?

私は、前施設長が礎になっています。病気のこと、薬のことなど、職場に役立つこと、理解することの大切さを学びました。また「共感」「寄り添う気持ち」「共に模索すること」など、心が通じ合えることを目指す毎日です。

K/K

​介護課長

​中野友愛ホーム

まだまだ経験が浅いのですが、「今」を大切にして、「毎日が勉強」です。

これから入職される方にアドバイスは?

まだ未熟ですが、「これから」の方と、いちばん身近な先輩としてほんの少しだけ。まず、私が心がけていること「いつもおだやかな目で」です。もうひとつは、「合わなかったらすぐやめた方がよい」ということ。おおげさではなく、考え方が違ったり、ストレスがあると、ご利用者様にすぐ伝わりますし、

​かみさぎホーム

​介護職員

T/I

現在の業務内容はどのようなものですか?

食事、排便、精神状態、などなど、様々なことをチェックしケアをしています。もちろん自分自身が正しくできているかも、欠かさずチェック。それはきっと、自分自身が穏やかな環境の中で、しっかり存在していことを振り返って確認したいからだと思います。

人とかかわる仕事がしたかった。人の役に立つ仕事が。

渋谷区けやきの苑・西原

​看護課長

Y/N

業務に携わりながら考えていることは何ですか?

「住み慣れた地域で出来るだけ長く安心して暮らしたい」という思いのお手伝いをしています。地域のネットワークを上手く活用して、介護だけでなく健康・医療・福祉やなど様々なことについて、一緒に解決策を考えています。

​多くの人と出会い、地域課題をいろいろ考えてみたい。

​かみさぎホーム

​在宅サービス課長

A/M

 

武蔵野療園のご紹介(音声をONにしてご覧ください)