沿革

1936年

結核病院として本敷地(中野区)に発足 

1952年

東京都で第1号の社会福祉法人として認可を受け、『社会福祉法人武蔵野療園病院』として、生活困難者に対する無料又は低額な料金による診療を行い、社会貢献を目的とした社会福祉事業を中野区で実施 

1978年

中野区内で第1号の特別養護老人ホーム『中野友愛ホーム』を設立。リハビリ機能を充実させた老人病棟を併設し、都内初の医療と福祉の一体的運営形態を開始

1980年

都内初の在宅サービスの機能(在宅型中間施設)を併せ持ったショートステイ事業、デイホーム事業、入浴・食事サービス事業を行う『富士見台ケアセンター』事業(平成13年に、かみさぎホームと一体化)を中野区の委託を受けて、運営を開始

1987年

渋谷区の委託を受けて渋谷区内で初の高齢者福祉施設『渋谷区高齢者ケアセンター』の運営を開始

1988年

中野区の委託を受けて『中野区かみさぎ特別養護老人ホーム』の運営を開始

1989年

中野区内で最初の認知症高齢者のデイホーム事業『かみさぎデイホーム』を開始

1991年

渋谷区の委託(その後指定管理となる)を受けて渋谷区で初の特別養護老人ホーム『渋谷区けやきの苑・西原』の運営を開始。

2003年

中野区で第1号の高齢者グループホーム『グループホームゆうあい』を開始。その後、区の認知症高齢者支援事業である「家族介護教室」「認知症支援講座の受託、高齢者緊急一時保護事業の受託、介護予防事業の健康相談・栄養相談へ栄養士や看護師の派遣等を実施

2006年

地域包括支援センターの受託運営を開始

2008年

認知症支援地域拠点モデル事業を受託

2010年

中野区有地を借受けし単独型のショートステイ20床、グループホーム2ユニットと併設した『ホームタウン友愛』を開設

2013年

都有地を借受けし、都市型軽費老人ホーム・小規模多機能型居宅介護・訪問看護・訪問介護・ミニデイサービスを行う『しらさぎ桜苑』」を開設

2016年

中野区有地を借受けし、全室個室ユニット型の特養『ハピネスホーム・ひなぎくの丘』を開設