外部協働

社会福祉法人 武蔵野療園は、魅力ある地域づくりのために、地域団体やNPO、学生、企業などとの連携・協働を図り、ヘルスケアの新たな価値と魅力の創造に取り組んでいます。

「認知症みんなで考える中野ネットワーク」が、MIKANです。中野区内の家族会・交流会・地域団体等のネットワークづくりを推進しています。

主な活動は
1. ネットワーク会議(連絡協議会)による活動状況や課題を共有できる場の提供
2. 認知症の普及啓発活動として、勉強会や講演会などの共同開催
3. 地域や行政に対し実体の提言
「認知症サポーター」の積極的な活動をサポートすることで、認知症が社会に溶け込んでいける環境つくりも目指しています。

認知症を

(MI)みんなで

(KA)考える

(N)中野ネットワーク

インターンシップ型自立支援プログラム『ミライ道場』とは

経済的な理由で進学が困難な学生が、介護の現場で働き、介護について学び、超高齢社会におけるキャリアアップを図りながら「自分の力で進学する」自立支援プログラムです。経済事情で進学をあきらめたくない。でも卒業後の借金は出来るだけ残したくない。そんな想いにこたえる新しいカタチの奨学金制度です。

「中野区介護サービス事業所連絡会」は、
介護サービス事業所の相互交流と、サービスの向上、制度改革に貢献することなどを目的に、
2002(平成14)年3月に設立された連絡組織です。
会員には、居宅サービス、地域密着型サービス(グループホーム、小規模多機能型居宅介護等)など、
様々なサービスを行う事業者が加入しています。

東京都地域公益活動推進協議会(東社協)のページでも

​法人の取組みを紹介しています。

〇中野区内 社会福祉法人等連絡会について      https://www.tcsw.tvac.or.jp/koueki/kushichoson/nakano/
​〇武蔵野療園の活動報告
https://www.tcsw.tvac.or.jp/koueki/sanka/musashinoryoen.html